こちらのサイトは、OAフロアに関する様々な情報を取り扱っています。
そのため、疑問点を解消するために活用すると便利です。
例えば、工事をする前に見積もりをしてもらうことのメリットや、工事をするのにどれくらいの期間がかかるのか、どういった工事の種類があるのかなどを解説しています。
OAフロアの工事を考えている方がこれらの記事を見ておけば、どのような選択肢があるのかを知ることができて、自分に合っている手段を考えることができます。

OAフロアの導入前にまずは見積もり!

OAフロアの導入前にまずは見積もり! OAフロアを導入する前には、まずは見積もりをしてもらうのがおすすめです。
その訳は、同じ工事をするにしても、業者ごとにどのくらいの費用がかかるかはまちまちだからです。見積もりを出してもらえば、どのくらいの費用で工事をすることができるのかを把握することができ、比べて安いところを利用すれば、OAフロア工事の費用を抑えることが可能となります。
また、見積もりを出してもらう際に、どのような方式の工事が適しているのか、材料はどのような物を使うか、期間はどれくらいなのかという情報も手に入ります。
OAフロアの工事をどのようにするのか悩んでいる場合でも、こういったことが見えてくれば、比較をしてどれがふさわしいのかを考えることができるようになります。

OAフロアの強度は?

OAフロアの強度は? OAフロアの強度はフロアのパネルに使用される素材によって大きく異なるので、数値が規格化されていて表示の対象となっています。
1立方メートル当たりの最大搭載可能重量を示すもので、N値として表されます。
販売される多くのOAフロアパネルのN値は、2000N~6000N程度となっています。
値が示すものの読み取り方ですが、例えば3000Nであれば200~300kgの荷重と、N値に1/10を掛けたkg数が耐久目安となります。
当該する重量がパネルに掛かった際に、パネルの構造上最も強度に劣る箇所の変形が一定値に留まる事を示しています。
目安としては、一般的なOA機器・パソコンの設置運用を行うオフィスであれば、3000N程度で充分とされます。
一方で同じ通信系電子機器でもサーバールームとして大型機器を設置する場合や、機械室として使用するオフィスの場合は5000N程度を確保すべきとされます。
そして強度の決定方法ですが、オフィスにおいて最も大きな重量のものをその判断基準とするのが基本となります。
一般的に最大である6000Nであれば殆どの用途には耐える事が可能ですが、施工価格・メンテナンスの違いもある事から、用途に合った耐荷重性のOAフロアパネルを選択する必要があります。

役立つOAフロア関連リンク

OAフロア等オフィスインテリア資材の通販サイト

OAフロアの通販